カテゴリー別アーカイブ: お知らせ

居宅介護支援事業所 第7回 つながるちから

日ごろに秋が深まってまいりました。皆さま、元気でお過ごしでしょうか。

寒さが増し、体調を崩しやすい時期になってきました。体調を崩しやすい原因としては

ストレスや睡眠不足・感染症(風邪)などが挙げられています。しっかり休養を取ることで

体調を整えていきましょう。では、今月のブログをご覧ください。

 

今年も一年を通して色々な場所で音楽を楽しみました。
私は、旅行を兼ねてライブを行くことが多く、その土地の食べ物や景色も合わせて楽しみます。
9月には小豆島へ行ってきました。オリーブ園で綺麗な景色を見て生そうめんやオリーブ牛でお腹を満たしました。ケアマネジャーは利用者様の気持ちに寄り添う仕事です。私自身に余裕がないと良い支援はできません。これからも上手に気持ちを切り替えながら心に余裕を持って利用者様と向き合いたいと思います。
中央居宅介護支援事業所  長尾 友美子

両親の介護をしながら3年になります。実家にほぼ毎日いっているのですが、少しずつ手伝うことが
増えてきているのが寂しく感じています。その中で、いろいろな工夫をしてそれが上手くつながると少し元気が出て、また頑張る力が出ます。その頑張る力ですが、実家の近所のおばちゃんたちにすごく力をもらっています。介護保険で地域での見守りのお話を聞くようになりました。
母親が定年後、体が元気な時にボランティアなどをして地域と繋がりを作っておくと、その仲間が誘いに来てイベントなどの参加や豊かな時間が過ごせるのだと母親から学びました。皆さんの力をもらって、今後も頑張っていきたいと思っています。ありがとうございます。
荒牧居宅介護支援事業所  飯田 秀子

居宅介護支援事業所 第6回 つながるちから

皆さま、こんにちは元気にお過ごしでしょうか。

徐々に秋も深まり、日が短くなって参りましたね。。

温かいお鍋やおでんが恋しくなりますね(*’▽’)

では、今月のブログをご覧ください

 

今年は例年にない夏の暑さ、大雨、台風等次から次と自然災害の多い年になっています。伊丹も今までは「安全で良い所」と言う気持ちがありましたが、よそ事ではなくなりました。私事ですが、5月初めに足の怪我をして自由に動けない辛さを経験しました。怪我の治りも時間がかかりなかなか元のように歩いたり、走ったりすることが出来ず、健康の有り難さを痛感しています。その為、何事をするにも億劫になり、外出を控えてしまう日々が続きました。日々仕事で利用者訪問の際に、「転倒しない様にしてください。外に出ましょうね。」と言葉を伝える時に自分にも言い聞かせています。                                                                        桃寿園居宅介護支援事業所  横江 典子

 

朝、保育所に送ってから、保育所で子供が選んだ絵本を読むことを日課にしています。自分の子供が膝の上に座ることが多いのですが、時には他の子供や赤ちゃんが膝上に乗ってきて一緒に絵本を楽しむこともあります。その後は仕事に行って…と慌しい時間に突入していくのですが、その前に気持ちが穏やかになるこの時間が好きです。私自身が選ばない絵本を、繰り返し子供が選んで来ると、好きなんだなと発見があります。園の絵本棚は壁一面なので、卒園までに読めるかなと思ったり、こんな風に自分の子供だけじゃなく他のお子さんと読む時間を今後も継続して持てるようにしたいな…等思考しています。                                                                     桃寿園居宅介護支援事業所  篠崎 真理子

 

居宅介護支援事業所 第5回 つながるちから

皆さま、こんにちは🍂🍃

朝夕は少し、冷え込むようになりましたね。

体調崩されませんように、お過ごしくださいね(´▽`)

では、今月のブログです。ご覧下さい。

 

一時話題になった「4週間でベターッと開脚できる方法」に挑戦してみました。

開脚ストレッチをやるとリンパの流れと血流が良くなり、冷え性やむくみの改善、

腰痛改善、何よりダイエット効果がもあるとのこと。

これはやってみる価値ありと毎晩基本ストレッチを実践♪ 開脚した状態で肘がきちんと床に

ついたら開脚成功だそうで、やればできるものですね。

まずは達成できました。しかし残念ながら180度開脚はまだ、達成できないまま・・・。

憧れの180度開脚目指してストレッチを今後も続けていきたいと思っています。

毎日コツコツ、がんばるぞー

南野居宅介護支援事業所 米谷

 

9月も下旬になり、涼しくなってきましたね。

今年も台風が近畿地方を直撃し、事務所や自宅も大変でした。

改めて電気の有り難みを感じました。

さて、秋は私の誕生日月でもあり、一番好きな季節です。スーパーに行くと梨や葡萄、栗、

サツマイモ等、好物が並び見るだけでも嬉しくなり、ついつい買ってしまいます。

自転車で市内を走っても彼岸花があちこち咲き、心が和みます。本当にいい季節だと思います。

皆様も身近に秋を感じ、楽しんでくださいね。

南野居宅介護支援事業所 依藤

 

 

つながるちから 第4回

皆様、こんにちは。

この度は台風による災難が、伊丹市内でも見られました。

災難に遭われたご家庭の皆様、心よりお見舞い申し上げます。

それでは、今月の居宅のブログです。ご覧ください。

 

平成最後の今年は異常な猛暑続きのうえに、大きな台風や地震が相次ぎ、とても不安で辛い夏となりました。私の住む伊丹市でも台風21号のあと、あちらこちらで家屋が傷つく被害があったり、停電で多くの方々が不自由な生活を強いられました。普段いかに、文明に守られた中で頼り切った生活をしているかということに気づかされます。非常事態があると、日常生活の中で、何が一番大事で幸せであることに気づかされます。不平不満や物欲に惑わされてしまう生活を見つめ直し、「足るを知る」という精神に立ち返り「有り難い、もったいない」という気持ちを持って幸せの本質を見つめ直す機会にして行かなければいけないと感じました。

伊丹市荒牧居宅介護支援事業所 坂本 実紀

 

 

7月に基準緩和型サービス従事者研修で受講者の方に介護保険制度について話す機会がありました。伊丹市より配布されている「介護保険サービス利用のてびき」を読み返していると、[詳細は担当ケアマネジャーにお問い合わせください。]と書いてある。説明はしているが詳しく説明できているだろうか・・・自分の業務を振り返ると目の前の課題を乗り越えようと、前に進む事を考えていた。この研修をきっかけに一度立ち止まり、日頃の業務の振り返りも大切な事と感じ、丁寧な説明、支援を心掛けて行こうと思いました。

伊丹市中央居宅介護支援事業所 谷村 れい子

居宅介護支援事業所 つなげるちから第3回

皆さま、こんにちは(´▽`*)

梅雨明けとともに、連日三十度を超す真夏日が続いていますが…

皆さま、体調はいかがですか?(@_@)

こまめに水分や塩分も摂りながらこの夏を乗り切りましょう!

では、今月のブログです。ご覧ください!

 

 

2年前、私は氷嚢に水を入れたような…たぷたぷの体形でした!

好きなものを好きなだけ食べ、運動をせずに過ごした結果でした○○○

ある日の病院受診で、先生から「コレステロールや高血圧などを下げる薬は、

ありますが、筋力体力をつける薬はありません。自分で少しは努力しなくてはね…。」

と、心に響く助言を貰いました。あれから、毎日ストレッチ、ぶるぶる体操、嚥下体操を

実施しています。今は、先生から褒めて頂く血液データになりました!

自分で自分を褒めています。健康は『自律』なのだと痛感している日々です。

荒牧居宅介護支援事業所  川原

 

 

今年93歳になる義母が自宅内で転倒してしまいました…。右肩と右大腿骨骨折で入院となり、

手術を受けました。今後自宅へ帰って来た時のことをシュミレーションしたところ、

低いこたつでは立ち上がりが困難な為、ソファに合った高さのテーブル型のこたつに変えたり

義母が屋内で動きやすいように、キッチンやリビングの断捨離を始めました。

奥に行くほど要らない物が出てくる出てくる…。遂に、片づけ中に

退院前外泊で義母が帰って来ました。何気にリビングに目を向ける

と、こたつテーブルが義母のおでこの部分に見えます。

驚いて見てみると、「足伸ばしたかってん。」と床に座ってくつろ

いでました。

驚異的な回復力に嬉しく感じたのですが、果たして前もっての家具

交換は良かったのか…

悪かったのか…。私の断捨離はまだまだつづく○○○

荒牧居宅介護支援事業所  大港

居宅介護支援事業所 つなげるちから第2回

DSC_0179

風薫る新緑の良い季節になりましたね。皆さまお変わりございませんか。

今、荒牧バラ公園はバラ🌹が見ごろです。是非、お越し下さい!

では、今月のブログを紹介したいと思います。(´▽`)

 

 

 

 

5月は、母の日にちなんで実家の母(97歳)の事を伝えます。もう13年程、実家の方のグループホームにお世話になってます。グループホームは、なだらかな丘の上にあり、平屋で玄関を開けるとすぐに広いリビングがあり、田園風景が広がる自然豊かなところです。母は物忘れが進んで2.3分おきに同じことを言い、今は「この施設に居て良かった。一人はさみしいもん。ご飯もおいしか。」と何度も言います。お世話にしてもらうといつも、手を合わせて頭を下げながら「ありがとうございます。」と最後の語尾が少し上がりながら言い、いつも周りの空気がほどけて笑顔に和んでます。いくつになっても感謝の言葉が言える母から学びます。母のように心を込めて「ありがとう」を子供や孫につなげていけたらと願ってます。グルームホームの皆様「ありがとうございます。」お母さん「ありがとう」

南野居宅介護支援事業所 外間 知佐子

 

この仕事について、コミュニケーションを深めることは、中々難しいです。聴く事に対して(積極的に耳を傾ける)相手の言葉の奥には、どんな気持ちがあるのか相手の表情や口調からもくみとり・声のスピードや声のトーンにも配慮して気持ちに寄り添い信頼関係につながるようにと頑張ってます。

南野居宅介護支援事業所 田中 美恵子

居宅介護支援事業所 つなげるちから

今年は桜の時期が早くまいりました。皆さま桜は満喫できたでしょうか。

平成30年度の居宅介護支援事業所のブログは、宮崎と酒井が担当させて頂きます。

慣れない二人ですが、どうぞ宜しくお願い致します。

今回のブログのテーマは、「つなげるちから」と題してケアマネージャーの今年の目標や

やりたいことを事業所ごとそれぞれに紹介して行きたいと思います。

早速今月はブログ担当の宮崎より紹介をさせて頂きます!

事業団で働き始めて、一年が経ちました。最初は慣れないことで悩み、悶々としていた時期がありました。今は考える暇もなく、仕事や育児に追われて、あっという間に一日が終わっています。週末は家の掃除や子供達と遊び、車でドライブしてリフレッシュをしています。最近、子供達と近くの公園までかけっこの競争をしましたが、不覚にも一番上の息子に負けてしまいました。子供達は日々、成長しているのだと感じました。今年の目標は家族・職場の輪をつなげていけるよう、成長していきたいです。そしてこれからも子供達と沢山遊んで、沢山思い出を作っていきたいです。

伊丹市中央居宅介護支援事業所 宮崎

和つながり(第12回)

年度末でバタバタと忙しい季節ですが皆さまいかがお過ごしでしょうか。

居宅介護支援事業所も来年度に向けて準備をしております。

一年間、つたないブログではありましたが、お付き合いいただきありがとうございました。

では、今年度、最後の和つながりです。

3月中旬に実家(佐賀県基山町)に帰った時に姉と福岡県柳川市を観光しました。柳川市では、『さげもん』というお雛様代わりに古着の端切れで作られた工芸品があり、袋に鶴・亀・えび・三番叟といった縁起の良い物が飾られています。一つ一つが袋物になっており、竹の輪に赤布と白布が巻かれて7個7列の49個、中央に柳川まりを2個下げて全部で51個の装飾品がついています。人生50年と言われた時代に一年でも長生きしてもらいたいとの親の願いが込められた品物だそうです。とにかく綺麗で感動しました。皆さまも是非、足を運んでいただき美味しいウナギのセイロ蒸しを堪能しながら綺麗な工芸品を見て癒されていただければと思います。

南野居宅介護支援事業所 外間知佐子

今月も大阪へコンサートを観に行ってきました。紅白歌合戦にも出場したアーティストだったので立見席が出るほどの人気で会場は大盛り上がりでした。音楽の力はすごいなぁと毎回感動します。桜の季節で気分はウキウキしております。皆さまも桜の季節を満喫して下さいね。

中央居宅介護支援事業所 長尾友美子

来年度は、また新しいメンバーでブログを更新します。今後も見守っていただければ幸いです。

一年間、ありがとうございました。 ブログ担当:長尾・外間

和つながり(第11回)

皆様、お元気にお過ごしでしょうか。

冬季オリンピックも終盤に差しかかりましたね。涙と感動で私たちも選手になった気分です。

感動をくれた日本選手に感謝です。残りの競技も全力で応援しましょう。

さて、今月の和つながりです。

私は、自然が大好きで、青空、山、雲を見ると気持ちが癒されます。以前、暖炉のある友人宅に薪割りを手伝いに行くことがありました。チェーンソーで木を伐り、更に斧で割り薪にしていきます。斧のあまりの重たさに驚きつつも全身を使い、達成感のある時間を過ごしました。中でも木を伐った時の切り口の白い年輪の美しさ、年輪からじわじわ出てくる水の美しさは目を見張るものがあり、今でも忘れることができません。荒々しい毎日を送っておりますが、自転車で訪問時には、青空や畑の作物を眺めながら気持ちをリフレッシュしつつ頑張りたいと思います。

桃寿園居宅介護支援事業所 古井寿美絵

私の楽しみは、旅に出る事。友人と賑やかに行く時もあれば、一人で気ままに時刻表を調べJRで行くこともあります。青春18切符の列車旅を今までに東京、名古屋、福井、城崎、四国と色んな土地の車窓を眺め、その土地でしか味わえない美味しい物を探し、時に温泉を巡っています。(実は、これが一番のんびり最高です。)最新は、乗り換え回数が9回、14時間かけていった大分です。通り過ぎる県のお国言葉に耳を傾けるのも楽しかったですよ。次は何処に行こうかな・・・。

南野居宅介護支援事業所 田中美恵子

 

和つながり(第10回)

お正月が過ぎて明日は、もう節分ですね。年の数だけ豆を食べるの知ってますか。巻きずしも喉につめないように気を付けて下さいね。

私には、子供が幼稚園の時のグループがあり「美人会」と称してます。毎年旅行に行きますが、大分や福井からも参加があり20年以上続いてます。子供の進学・結婚・孫・親の介護・これからの老後をどう過ごしたいなど話題も年齢とともに変わってきましたが、話が尽きることなく夜遅くまで話し込んでしまいます。アッという間に時間が過ぎ「ああ楽しかった。また来年ね」と1年に1度皆に会えることを楽しみに今日も仕事に遊びに頑張っていきます。

南野居宅介護支援事業所 中塚 幸子

1月後半から2月中旬は1年の中で一番寒い季節ですね。皆さんは、どのように感じられる季節でしょうか。私は、寒さは苦手ですが、この季節は大好きです。真っ白な雪景色を温かい部屋から眺めるのはとても落ち着きます。これが、雪見温泉になると最高です。この時期、一つ歳を重ねます。ちなみに、家族二人も歳を重ねるので、3回もケーキ頂きます。外は寒いですが心もお腹も温まる季節です。

居宅介護支援事業所 村田 由美子