月別アーカイブ: 2016年12月

今年もあとわずか。

紅葉もそろそろ終わりの時期となり、木々の葉っぱが落ちるようになりました。

このところ寒い朝が続いていますね。
前回、暖をとる話をしましたが、うちでは先週から湯たんぽをお布団に入れています。
温まったお布団に入る幸せ・・・湯たんぽは朝までぬくもりが残るのでとても重宝しています。

ケアマネとして仕事をしていると、その方の生活そのものに触れたり、生き様を教えて頂くことがあります。
先日、新規で担当させて頂いた方から、素敵なお弁当箱をみせて頂きました。

フェルトで作ったお弁当

素敵な贈り物

この方はずっとボランテイア活動で、しょうがいのある方のところや、子どものところへ出向く活動をされ、手仕事で作った色々な物を贈り物で届けていたそうです。
お弁当の中身のひとつひとつがフェルトで手縫いされています。いちごのへたや、りんごの芯もありますよ。(写真では分かりにくいかもしれませんが)
嬉しそうにその頃の話をされる方からこちらこそ、力を頂きました。

 

さて今月の定例会は、来年4月から始まる総合支援事業について、包括支援センター職員から説明を聞き、その後グループに分かれて疑問点を話し合い、質疑応答の時間を持ちました。

介護保険は国の方針で改正があったり、年々、しくみが複雑になっていっています。

私たちはケアマネジャーとして、皆さんに分かりやすく説明をすること、不安なく利用して頂くことを念頭において勉強させて頂きました。

全国的にウイルス性胃腸炎や、インフルエンザが猛威をふるっています。よく言われることですが、予防が大切、手洗いうがいを丁寧にしていきたいものです。

除夜の鐘を聞く子供たちのイラスト皆様、よいお年をお迎えくださいね。
篠崎

師走ですね・・・

秋空朝晩冷え込む季節になりました。
皆さん、どうやって暖をとられていますか?
昔は火鉢を囲んだり、白金カイロ、コタツが多かったと思いますが。今は即効性のあるエアコンや床暖でしょうか。
身体を中から温める方法として、同僚のケアマネジャーが訪問した際にご利用者さんから教えてもらいました。
生姜をすって、製氷皿に凍らせておきます。それを朝晩、好きな飲み物、紅茶やココア、なんでもいいそうですが、ポンと入れて飲むと、この方は1週間後は寝る時も身体が温かく、アンカもいらないそうです。

 

さて、11月の定例会ですが「日常から見えてくる口腔の問題点」と題して、歯科衛生士さんを講師に迎えて研修風景ご講義いただきました。

その中で、一番驚いた事実ですが、皆さん唾液って一日にどれくらい出るか分かりますか?答えは、なんと1リットルから1,5リットルなんです。
ちなみに1日に650回、唾液を飲み込むという喉の筋トレも自然に行なっているとのこと。この唾液が口の中の細菌をやっつたり、乾燥を防ぐなど重要な役割を担っているそうですが、なんと(2回目)30歳から唾液の分泌が減っていくそうです・・・
また、歯が抜けることで身体に力が入らなくなるそうで、実際ゲームを通じて、口を閉じて歯をくいしばった状態から力を出すのと、口をぽかんと開けて力を入れるのでは、力の入り具合は全く違うことを感じることができました。
当日、学んだことを皆さんにフィードバックできるようにしていきたいと思います。

師走、といって気持ちも慌ててしまいがちになりますので、ゆっくり落ち着いて行動したいものです。
自分に言い聞かせております・・・それでは。
篠崎