作成者別アーカイブ: user

介護職員初任者研修「生活と家事」

平成29年8月10日より伊丹市社会福祉事業団では

『平成29年度 介護職員初任者研修』を実施しています。

 

訪問介護においては、「職務の理解」及び「生活と家事」の項目を担当しており、

先日、「生活と家事」の実習を行いました。

 

 

《家事援助の必要性と目的》《信頼関係の構築と秘密保持》《利用者の価値観に合わせた生活》といった「家事と生活の理解について」や、「家事援助に関する基礎知識と生活支援」では《調理》《掃除》《洗濯》《被服の補修》などの学習をしました。

《調理》では、“好き嫌いや特別な疾病のないご利用者様の食事を肉じゃがと他2品作る”というテーマで、メニュー決めと買い物、調理をしていただきました。(予算は、1グループ1000円)

予算内で購入した材料を上手く使い、調味料の種類には限りがあったので、味付けを工夫して品数をつくる作業がそれぞれのグループで行われていました。

スーパーで食材を吟味。

 

食材を切る人、火の番をする人、食器を洗う人、見事な役割分担です。

 

ちょっと、お味見・・・

 

肉じゃがをミキサーにかけて、ミキサー食作り。

 

鳥ミンチと糸こんにゃく入り肉じゃが、長芋の焼いたん、白菜と揚げの煮物、お味噌汁!

 

オクラ入り肉じゃが、トマトと玉ねぎのサラダ、お味噌汁!

 

ニンジン入り肉じゃが、白和え、てんぷら、青菜の炊いたん、お味噌汁!

 

 

 

時間と予算が限られた中で彩りやバランスを考え、

どのグループも出来上がりは綺麗で美味しく、見事な仕上がりでした。

 

 

調理の後は被服の実習もあり、盛り沢山な一日となりました。

受講生の皆様、お疲れさまでした!

 

 

生活支援ヘルパーが活動をしています

平成29年4月より、介護予防・日常生活支援総合事業(以下、総合事業)が開始されました。

 

伊丹市や伊丹市指定の生活援助ヘルパー研修を修了し

事業団に登録した方が生活支援ヘルパーとして活動をしています。

 

登録した後は、まず新人研修として

以下の内容の研修を受講していただいています。

★座学での研修

①伊丹市社会福祉事業団の法人について(沿革、経営理念、就業規則、職員の倫理と行動基準など)

②伊丹市訪問介護事業所について(事業内容、業務内容など)

③ヘルパーとしての知識(ヘルパー心得、高齢者の心身の理解、感染症について、虐待について、緊急時の対応、内容別生活援助の手順など)

★現場同行実習

実際に、ヘルパーをご利用されているお宅の支援に同行し見学

 

 

事業が開始されて5か月近くになります。

 

生活援助ヘルパーも、はじめは緊張をしていましたが

訪問を重ねる毎に少しづつ緊張もほぐれてきた様子です。

 

(支援の前に、体調をお伺いしている生活支援ヘルパー)

 

 

生活支援の研修、初任者研修、ヘルパー2級の研修を受けられた方や介護福祉士の方など

訪問介護事業所では、一緒に働いてくださる仲間を募集しています。

短時間からでも働けます、一度お問い合わせください。