アジサイの季節ですね♪

6月、いよいよ梅雨入りしましたね。

しっとり雨にも初夏の青空にも似合う季節の花、“アジサイ”があちらこちらで咲いています。

療養通所では、利用者様とお散歩に出たりします。

サンシティホールで社交ダンスを見たり、天神川沿いを散策したり・・・。

 

この日は、とっても天気が良く散策中にいろんなアジサイたちを見つけました。

IMG_0018

アジサイにはあのたくさんの花びらの中に小さな星形のような花があるのをご存知ですか?

その小さな花がアジサイの“真の花”だそうです。

花のなかにある“真の花”。

パッと見ただけではわからないところに本当の花が咲いています。

あじさい

 

私たちスタッフも利用者様の“真の花”・・・その人らしい笑顔やお言葉を見つけることができた時、とても嬉しく思います。

そんな一瞬を大切に少しずつでも積み重ねていけるように、利用者様方との時間を過ごせるよう、療養通所スタッフは毎朝“本当の笑顔”で皆様をお待ちしております。

 

来月は七夕ですね。療養通所でも短冊にたくさんのお願い事をして飾ろうと思っています。

また、報告します。楽しみにしていてくださいね♪

療養通所介護事業所 : 美藤  澤田

アジサイ湯

訪問入浴です

 

事業所前に植えてあるアジサイが

今年もきれいに咲いてくれました

 

IMG_1304

 

 

今月の季節のお風呂はアジサイ湯とさせていただきました

浴槽にはアジサイのシール、入浴剤はアジサイを連想させる薄紫色のものを使いました

 

IMG_003301

IMG_003201001

 

アジサイ湯に浸かっておられるこの方は、なんと御年103歳!

お口に合うように作られた愛情いっぱいのお食事もしっかりと召し上がられ

ご家族の方は「おばあちゃん、〇〇したい?」と、

いつもご本人様の意向を大切にケアをされておられます

ご家族にとても大事にされてらっしゃるのが、この肌ツヤで表されていると思います

 

いつも入浴前は気が進まないご様子なのですが

入浴後は水分補給にヤクルトを飲まれたあと

笑顔で「ありがとう!」と私たちを見送ってくださいます

 

どなた様に対してもですが、訪問入浴のご利用が

少しでもお身体と心に気持ちよい時間となりますよう

これからも頑張って参ります

 

 

訪問入浴 藤田みずほ

 

 

 

 

 

菖蒲湯

訪問入浴です

事務所近くの桜の木も、桜の花でピンク色だったのが若葉が茂り 緑がきれいです。

気温も暑くなってきて、訪問先での入浴業務を終えて車に戻ると、車中が熱気でおおわれており、 季節の移ろいを実感しています。

 

5月に入り、端午の節句にちなんで菖蒲湯を実施させていただきました。

菖蒲の香りを仄かに楽しんでいただきながら、ご利用者様に子供の頃の話や菖蒲とアヤメの違いなど教えていただきました。

 

私たちも暑さにバテない様に、水分補給をしっかりしながら頑張りたいと思います。

 

IMG_1264_01

 

訪問入浴  藤田みずほ

桜湯

訪問入浴です。

 

桜の季節になりました。

当事業所近くの天神川の川沿いも桜の木がたくさんあり、

訪問入浴車で移動する際も桜色の花でとても癒されています。

桜は散っていく時も花吹雪がとてもきれいですよね。

 

利用者の皆様にも桜湯をご用意いたしました。

色も香りも桜のお風呂です。

春の気分を味わっていただけたら嬉しいです。

IMG_0321 - コピー

訪問入浴 藤田みずほ

お誕生日♪

ぽかぽか陽気の日も多くなってきた今日この頃、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

桜の花のつぼみが膨らみ始め、今にも咲きそうですね!

療養デイでは、毎月お誕生日会をしています♪

こんな風に写真を撮って・・・・・「Mさ~~んこっち向いて~~」

誕生日

 

後で、この写真を添えた、カラフルで愛情いっぱいのメッセージで埋め尽くした色紙を

お誕生日の記念にプレゼントさせていただきます。

さらに、ここに写っているスタッフ全員で、ハッピーバースデイのお祝いソングもお聞かせいたします!

ささやかではありますが、美声の持ち主ぞろいです!Mさん喜んでくださるかな?

 療養デイ 澤田

ずいぶん暖かくなってきましたね。

庭先の沈丁花や、どこからか漂ってくるイカナゴを炊く香りで、

いよいよ春がきたなと実感しています。

 

訪問入浴では、3月3日のひな祭り「桃の節句」にちなんで、『桃の葉エキス』の入った入浴剤での「ひな祭り浴」を実施いたしました。

 

昔ながらのレトロな缶に入った入浴剤で、ご利用者の方からも「懐かしいなぁ、知ってるわ」というお声もいただきました。

桃の香りのボディーソープもご用意したので、特に女性のご利用者の方には好評でした。

 

最近は、大人の女性で自分のためにお雛様を購入して飾る人も増えているとか…。

訪問先でも、お雛様を飾っておられるお宅があり、私たちも楽しませていただいております。

 

 

さて、来月は何風呂になるでしょうか?

 

もう想像つきそうですが…お楽しみに☆

 

IMG_0285_01

 

訪問入浴 藤田みずほ

 

 

鬼は外、福は内

 

訪問入浴です。

 

節分の日にちなみ スタッフ全員が鬼に扮して訪問し、入浴していただきました。

ご利用者様で、豆まきが可能な方には、節分豆に見立てたピンポン玉を鬼に向かって投げてもらいました。

下手投げだったり、手渡しだったり、と皆さんとても優しく投げてくださいました。

 

でも、「福はいないの?」と尋ねられ、そこではじめて福の神がいないことが判明。

 

よくよく考えてみれば 『鬼は外、福は内』なので 鬼は追い出されるのですよね。

 

来年は、ぜひ福の神も連れて訪問させていただきたいと思います。

 

 

IMG_113702

藤田みずほ

ゆず湯でほっこり

こんにちは

訪問入浴です。

ありがたい事に、訪問入浴ご利用の方より沢山のゆずを頂き、12月21日~25日の間、頂いた本物のゆずと炭酸入浴剤(4種のゆずの香りからお好きな香りをお選びいただきました)を使って、『ゆず湯』を実施させて頂きました。 お部屋の中にゆずの香りが広がり、ご利用者の方からも「えぇ匂いやなぁ。次はヒノキの風呂もえぇなぁ~」と言っていただき、私たちも嬉しくそして自分達自身もゆずの香りに癒されたゆず湯週間でした。

ゆず湯に入ると1年間風邪をひかないといわれています。ゆずには血行を促進して冷え性をやわらげたり、体を温めて風邪を予防する働きがあり、果皮に含まれるクエン酸やビタミンCによる美肌効果もあります。さらに、香りによるリラックス効果もあるため、元気に冬を越すためにも大いに役立ちます。

ゆず湯には、ゆず=「融通」がきく、冬至=「湯治」という語呂合せもあります。

冬至は、12月22日でしたね。

調べたところによると、中国や日本では、冬至は「太陽の力が一番弱まった日であり、この日を境に再び力が蘇ってくる、と考えられているそうです。冬至のことを陰が極まり再び陽にかえる日という意の「一陽来復(いちようらいふく)」といい、この日を境に運も上昇するとされています。また、悪いことが続いても、回復してよい方向に向かうという意味もあるそうです。昔から、強い香りがする植物で邪気をはらう風習がありますが、冬が旬のゆずは香りも強く、邪気払いにぴったりです。

さあ、邪気を払って今年も一年良い年でありますように。

IMG_1083_1    IMG_0158

 

 

 

伊丹市訪問看護ステーションの理念を紹介します。

1.利用者、家族の人権を尊重します。
2.関係職種との連携をよくし安全、安心を提供します。
3.専門職としての能力(知識、技術、人間愛)を高めその人に合った創造性のある看護を提供します。
4.ステーション経営にみんなで協力します。

この理念のもと、私達は「明るく、楽しく、元気よく」をモットーに、常に利用者様がよりよい療養生活を送っていただけるよう、ケアに取組んでいます。

写真でお分かりのように、看護師の平均年齢は少々高いですが(経験豊富なベテランが多いんです)総勢22名と、伊丹市では一番、県下でも有数の規模を誇っており、充実した看護体制をとっています。

営業時間は、原則、平日の月曜日から金曜日、朝9時から夕方17時30分までですが、その時間外や休日(土日祝日、年末年始)にも、急な病状の変化があるときなどの緊急時には、当番が専用電話で対応しますので、1年365日24時間、頼りにしていただけます。

訪問看護だけでなく、理学療法士、言語療法士を仲間に迎え、訪問リハビリテーションも開始しました。

そのほか、介護職員とともに療養通所介護、訪問入浴の運営もしています。(このホームページのバックナンバーにもサービス内容をご紹介していますので、ぜひご覧ください)

私達は、利用者様とご家族が満足いただけるケアを提供するよう、看護技術を磨きながら、雨の日も風の日も毎日がんばって訪問しています。応援してくださいね。

IMG_1031

 

 

療養通所介護をご存じですか?

伊丹市訪問看護ステーションには、「療養通所介護」というデイサービスがあります。

「療養通所って何??」となられる方も多いと思います。そうなるのもわかります。実は意外と知っている方も少なく、今のところ日本全国でもそんなに数も多くありません。

介護保険の通所介護サービスのひとつなんです。

療養通所介護(以後、療養通所)を簡単に説明すると、通常のデイサービスに行くことが難しい方、たとえば、寝たきりであったり、常に医療が必要の方(例えば痰の吸引が常に必要・・・胃瘻の管理が必要・・・など)が、来ていただくことができるサービスです。

そのような方が対象なので、看護師が付き添っての送迎サービスを行っています。それで、「今までなかなか外出が出来ずにいたけれど、療養通所に来ることで本当に何年ぶりかに外に出て、気分転換になった~」という声もいただきます。

療養通所を利用中には、入浴もしていただけますが、看護師と介護職員合わせて3人で対応させていただきますので安心してご利用いただけます。 入浴中の楽しい会話や歌なんかも聞こえてきますよ♪

今のところ、利用者様・ご家族様ともに安心してご利用いただくために、伊丹市訪問看護ステーションの訪問看護をご利用いただいている利用者様のみ利用可能となっております。療養通所に来ていただいても、スタッフは、よく知った訪問看護師ばかり♪という訳です。

IMG_0515     IMG_0512     IMG_0783

場所は伊丹市中野西1丁目、ケアハイツいたみやサンシティホールのすぐそばなので、車椅子での天神川沿いを季節の移り変わりを楽しみに散歩されている方もいらっしゃいます。 毎週の日課なんです♪昆陽池も近く、水鳥たちもやってきますよ♪

療養通所ってこんな感じです。また、少しずつ様子をみてアップしていきますね♪

訪問看護ステーション 澤田美香 米花伸子